本の要約サービス・flier(フライヤー)ってどうなの?評判や使用感を徹底解説!

オーディオブック

 

本を読みなさい、と先輩や上司から言われるものの、時間がない。

活字を読むのが苦手でインプット方法に困っている。

 

そんな方へオススメのサービスがある事をご存じですか?

 

その名も、flier(フライヤー)という本の要約サービス。

新しい知識や情報をインプットしたい、でも時間やお金が、と嘆く人へ救いの手を差し伸べてくれること間違いなしのコンテンツ。

 

僕自身が実際に利用してみた経験をもとに、どんなサービスなのか?デメリットはないのか?といった評判や使用感について解説していきます。

 

flierのサービスがこの記事1つで丸分かり。

ぜひ最後までご覧ください。

 

flier(フライヤー)

 

flierの総評【高効率の神アプリ】

 

早速結論からお伝えしますが、flierは読書効率を格段に上げる神アプリと言えます。

というのも、このサービス。

毎日ストアが更新されていて、かつ約2,900冊ものビジネス書が要約されているのです。

その中でも、以下の4点について特に魅力を感じています。

 

flierを利用するメリット

①1冊10~15分でインプット可能

②節約してインプットができる

③ほしい情報がすぐ手に取れる

④『読む』と『聴く』でインプット可能

 

順番に解説していきましょう。

 

1冊10~15分でインプット可能

 

1つ目に、1冊10分から15分でインプットが可能という点。

時間的に効率がいい、という点ですね。

 

通常、本を1冊読み切るのにかかる時間は、早くても3時間、量の多いものだと6時間ほど。

時間がなくて読書に踏み出せない、という方の意見も納得できます。

ところが、flierの場合、1冊につき10~15分で理解できるように要約されています。

 

そのため、読書と比較して約1割の時間で必要な情報がインプットできるというのは、圧倒的なメリット。

 

節約してインプットができる

 

2つ目に節約してインプットができるという点。

金銭的にもおトク、という点についても触れておく必要があるでしょう。

 

こちらのサービスは月額2,200円と結構高い印象を受けます。

実際、聴き放題サービスの月額料金と比較すると、以下の表の通り。

 

サービス名サービスの種類月額料金
Audible聴き放題1,500円
flier要約2,200円
audiobook.jp聴き放題625円
himalaya聴き放題625円

 

最も安いものと比較すると、差額は約1,500円ほど。

ですが、1日のすき間時間における作品数で見るとどうでしょう?

 

1日3時間のすき間時間があるとしましょう。

オーディオブックだと1作品聴くのがやっとですが、flierの場合、15~20作品を読むことができます。

しかも、聴き放題の対象以外のオーディオブック作品を利用する場合は単品で購入が必要。

ですが、flierの場合、約2,900冊の書籍要約が月額2,200円で読み放題です。

 

実際に購入してみたら、内容がイメージと違ったといったトラブルに合うこともなくなります。

直近、聴き放題サービスが展開されていて、返品不可のサービスが増えている中、要約して内容に対して理解を深められるのは金銭的にも時間的にもおトクであると言えます。

 

ほしい情報がすぐ手に入る

 

3つ目として、ほしい情報がすぐ手に入る、という点。

情報の取捨選択がカンタンにできるのは、主張が明確で読み取りやすい要約サービスゆえの特権ですね。

 

オーディオブック作品の場合、一冊通して聴くことで要点や結論、具体例などをインプットします。

ところが、flierの場合、以下の4項目で構成されています。

 

1.要約者のレビュー

2.著者の紹介

3.本書の要約

4.要約本文

 

要約形式が固まっているので、気になるところだけを抜き出して探すことも可能。

また、探している情報が以下の画像のようにカテゴリー分けされているので、ほしい情報が探しやすいのも、要約というコンセプトに沿っているのも好印象です。

 

『読む』と『聴く』でインプット可能

 

最後の4点目として、読むと聴くでインプット可能という点です。

インプット方法を選択できるというのは、オーディオブックでは得られない強み。

 

というのも、オーディオブックの場合、聴く方法でのインプットに限定されます。

ところが、flierの場合、テキストとして読むこともできますし、音声再生を聴くこともできます。

あるいはテキストを読みながら、音声を再生するという両方の機能を活かしたインプットも可能。

 

あなたの使いやすい方を選べるというのは、非常に心強いですよね。

 

効率がいいからこそできる使い方

 

時間的、金銭的、情報の取捨選択、使いやすさの4つの視点から効率特化の神アプリとして紹介させていただきました。

その特徴を活かした独自の使い方ができるのも、特徴。

 

僕がオススメするのは『同じジャンルに絞ったインプット』という使い方です。

同じやり方をオーディオブックでやろうとすると、時間の観点から効率が圧倒的に悪くなってしまうため。

 

具体的な利用手順をご紹介させてください。

 

flier オススメの使い方【同じジャンルに絞ったインプット】

①インプットしたいジャンルを絞る

②flier内で検索して作品を聴く

③ノートに書いたり発信してアウトプットする

 

順番に解説していきましょう。

 

インプットしたいジャンルを絞る

まずは、『あなたが何について知りたいのか?』をはっきりさせましょう。

例えば、仕事をしていて『話し方』をもっとよくしたい!という気持ちがあったとしましょう。

 

せっかく、貴重な時間を使って要約を聴くなら、『あなたの課題にはっきり答えてくれる本』を選ぶ必要があります。

めんどくさがらずに、ジャンルを絞りましょう。

 

flier内で検索して作品を聴く

 

ジャンルが絞れたら、次はflierのサービス内で検索して、実際に作品を聴いてみましょう。

検索してみると、以下の画像のように複数の要約された書籍が結果として返ってきます。

 

 

それぞれの書籍の要約を聴いていくにつれて、2つの点に気づくでしょう。

 

①どの本でも共通して主張していることって何だろう?

②Aの本とBの本では主張が食い違っているな・・・

 

①の『共通している主張』は、そのジャンルを知る上での土台となる部分となります。多くの作品に触れることで、理解のスピードが速くなります。

②の『主張の違い』は著者、ライターごとに意見や解釈、着眼点が違うことで主張の違いが出ているように読み取れます。その中から、『あなたが感じている課題の解決』につながる意見をまとめていきましょう。

 

ノートに書いたり発信してアウトプットする

 

最後に、インプットしたら、『必ずアウトプット』しましょう。

メモ帳やノートに書く、Twitterで発信してみる、他の人や家族と話してみる。

方法としては何でもありです。

 

どうしても、『聴いてインプットしたし満足♪』となりがちですが、アウトプットしてこそのインプット。

理由はただ1つ。『アウトプットしなければ忘れてしまう』からです。

 

精神科医の樺沢紫苑氏によると、インプットとアウトプットの黄金比は3:7。

いかにアウトプットが重要で、記憶の定着のために必要なことかがうかがえます。

 

僕としては、文字制限のあるTwitterよりも、メモ帳やノートに書いてから、自分の言葉で要約したものをTwitterや実際の話し方に活かしてみるのが効率的にアウトプットできると感じています。

 

メモを取る事の重要性やコツ、練習方法などの連載が当ブログにありますので、参考にしてみてください。

メモが確実に習慣化できる!連載:メモ術大全はこちらから

flierで聴けるラインナップ

 

これだけ効率に特化しているサービスですから、気になるのは作品のラインナップ。

2022年10月10日時点で約2,900冊以上のコンテンツがあります。さらに驚くべきは毎日1冊更新されているという点。

 

ベストセラーと呼ばれているものから、直近出版されているものまで幅広く取り扱っている点も素晴らしいです。

一例ではありますが、以下の画像でご紹介します。

 

 

詳細はこちらのリンクからあなたが気になる作品があるかチェックしてみましょう。

 

flierの作品リストはこちらでチェック✅

 

アプリの利便性

 

ベストセラーからビジネス書まで、圧倒的なラインナップを選べる、というのは魅力的。

とはいえ、どれだけラインナップが優れていても、実際に利用するアプリの使い勝手が悪くては、せっかくの効率化が台無しですよね。

実際の使用感について解説していきましょう。

まとめると、以下の4点。

①再生途中でアプリを落とすと最初から再生される

②どの要約も4項目の構成で見やすい

③テキスト入力機能が標準搭載

④気になった本は購入リンクへすぐ飛べる

 

順番に解説していきます。

 

再生途中でアプリを落とすと最初から再生される

 

まず、再生途中でアプリを落とすと最初から再生されるという点。

 

すき間時間があるといっても、再生時間を基準に時間ができるわけではありません。

他にやることができて、再生を一時中断せざるを得ないシチュエーションがたびたび訪れます。

 

ところが、そのままアプリを終了させてしまうと、音声再生が最初からやり直しになってしまうのです。

これは致命的。

 

ですが、これは操作面で回避することができます。

具体的な手順は以下の通り。

①音声再生を一時停止する

②ホームボタンを押す

 

順番に見ていきましょう。

 

音声再生を一時停止する

 

まずは、現在再生されている音声再生を一時停止させましょう。

一時停止する場合、右下の+ボタンをタップして一番下の一時停止ボタンを押します。

操作としては以下の画像の通り。

 

 

重要なのは次の操作。

 

ホームボタンを押す

 

次にホームボタンを押します。

これは、『アプリを起動したままの状態にしておく』事を意味します。

 

皆さんは現在使用中のアプリを終了させる場合、以下の2つの操作のいずれかをされているかと思います。

・右下にある■マークや|||マークを押して、タスクを終了させる操作

・左下にある<マークや◁マークを押して前の画面に戻る操作

 

この操作のいずれかをしてしまうと、音声再生画面から離れてしまうので、続きを聴こう、と思ってアプリを起動すると、最初から再生されてしまいます。

 

それを回避するために、画面の下に出る□マークや◎マークのホームボタンを押して、『再生画面のままアプリを落とす』必要があるのです。

 

 

この操作をして、1冊聴き終えた任意のタイミングで通常通りアプリを終了していただければ、ストレスなくサービスを利用する事ができるでしょう。

 

どの要約も4項目からの構成で見やすい

 

いきなりマイナスの面から触れていきましたが、ここからはいいところも紹介していきます。

 

次に、どの要約も4項目からの構成で見やすいという点。

これについては、実際の画面を見ていただいた方が理解が速いですね。

 

総評の部分でも触れましたが、4つのまとめから構成されているので、非常に見やすいです。

 

スマホやタブレットであれば、スワイプで次のページへ移動できるのも使い勝手が良いですね。

PCで閲覧する場合、大画面で要約を読むことができますので、より効率よくインプット可能。

 

テキスト入力機能が標準搭載

 

次に、テキスト入力機能が標準搭載されている、という点。

アウトプット用にメモを取る機能が最初から組み込まれているというのはありがたいですね。

冒頭でも、アウトプットの重要性についてお伝えしましたが、メモ帳が手元になくても、感想や意見をまとめておくことができます。

 

 

画面下に学びメモというテキストを入力することができる機能がついています。

入力したテキストをコピー&ペーストでまとめておけば、メモアプリやメールの下書き機能を利用する事で

情報を比較、検討することがとてもカンタン。

 

気になった本は購入リンクへすぐ飛べる

 

最後に、気になった本は購入リンクへすぐ飛べるという点。

 

要約を読んでみて、実際の本を読んでみたいという気持ちになる場面。

その際に、すぐ購入リンクに飛べるような設計になっています。

実際の購入先としては、以下の通り。

 

・Amazon

・Honto

・全国書店ネットワーク e-hon

・オンライン書店 HonyaClub

・本の通販 mibon

・TSUTAYA オンラインショッピング

・Knowledge Worker(ナレッジワーカー:運営 丸善書店)

 

以上の7つの販売プラットフォームから、あなたがアカウントをお持ちのサービスを選択して注文することが可能。さらに、電子書籍なら、その場でダウンロードして読み始めることができます。

 

実際の操作画面

 

これだけまとめられていても、実際の操作画面が見たくなりますよね。

アプリの画面はこんな感じになっています。

 

 

音声再生を選んだ後、右下の+マークをタップすると、ご覧の拡張機能が利用できます。

・再生速度(1.0倍~2.0倍まで4段階)

・15秒の先送り、巻き戻し

・一時停止

・BGM設定

・連続再生

 

書籍情報のボタンからは購入画面へ移動することができます。

こんな感じの画面になります。

 

 

中断操作に注意していれば、アプリの利便性としてはさほど気にならない、というのが僕の所感。

 

要約だけじゃない!オリジナルコンテンツも充実

 

ここまで、要約サービスとしてのflierを紹介してきましたが、実は要約だけがコンテンツではありません。

特集として、動画やインタビュー、要約診断チャートなどのオリジナルコンテンツが充実過ぎるのです。

特集コンテンツとしてはこんな感じ。

 

 

本を丸々1冊読むのはちょっと疲れる、ジャンルを絞るにしたってどの本から要約を読み始めたらいいかわからない。

そんな悩みを持っている方には心からオススメできるサービスです。

 

料金プランの比較

 

それでも月額2,200円は高い、と感じる方も多いでしょう。

実は、無料会員として利用できるコンテンツもあるんですよ。

flierはゴールドプラン、シルバープラン、フリープランの3つのプランから選んで利用する事ができます。

会員ごとにできることは以下の表の通り。

 

 ゴールドプランシルバープランフリープラン
価格月額2,200円
学割:880円
月額550円無料
無料体験あり
(7日間)
なしなし
読める要約本読み放題月5冊+フリー 20冊フリー20冊のみ
(毎月2冊程度更新)

 

利用してみた所管としては、やはり圧倒的にゴールドプランがオススメです。

シルバープランは一見すると、有料の対象タイトルを5冊聴けるというのは良いように感じますが、一カ月で50分しか有料コンテンツを利用できないと考えると物足りない印象を受けてしまいます。

 

とはいえ、本を読む、聴くといったツールを体験してみるという意味では、リーズナブルな価格。

加えて、予算を決めて利用するという方にはシルバープランがオススメ。

 

もちろん、フリープランとして無料コンテンツだけを利用し続けるという使い方も出来ます。

ですが、それでは有料級の情報を一切利用できないので、サービスの利用価値を最大限生かすことができません。

 

無料体験期間もありますので、ぜひ参加してみてください。

しかも、当サイトからご登録いただくと、月額料金が永久10%割引+無料体験7日間で利用する事ができます。

 

この機会を逃さずに体験してみてください。

 

今なら月額料金が永久割引中!flier ゴールドプラン無料体験

 

学生ならさらに割引!flierゴールドプラン学割登録はこちらから

 

予算を決めて利用したい方はシルバープランがオススメ!

無料体験ができるのは当サイトのみ!こちらから→

 

利用者の口コミ

 

これだけ使い勝手がいいサービスでも、実際に使っている人の声って気になりますよね。

実際に利用している方の声をまとめてみました。

 

 

 

 

 

利用者の声としては、以下の通り。

・1冊10分と短時間でインプットできるからたくさん聴ける

・気になった本は購入したり、図書館で予約できる

・本を探すツールとしても使えるから、無料でも会員登録しておくと良い

 

感想としては、便利という声が多い中、『月額料金としては高い』という声も少なからずあります。

すき間時間を有効活用できるインプット手段として、読書やオーディオブックが挙げられます。

 

オーディオブックもサービス展開している会社が多く、どこを利用していいか迷ってしまいますよね。

当ブログで実際に利用してみたランキングがありますので、よろしければ参考にしてみてください。

 

 

まとめ

 

月額料金としてはやや高額ですが、サービスとしては一級品。

効率よくインプットする、という1点については他の追随を許さない程の高い水準であることに間違いありません。

 

実際に僕も利用していますが、本を探すツールとしても利用していますし、インタビュー記事や動画コンテンツも充実しています。

有料での利用の方が圧倒的にコスパが良いのですが、無料会員として登録することで、どんな書籍が話題に上がっているのかを知るというのも、コミュニケーションの1つとして選択可能。

 

解説を通して興味を持った方は、ぜひ公式ホームページで充実のコンテンツを体感してみてください。

 

学生なら60%割引で利用可能!学割はこちらから

 

当サイト限定!特別価格でのご案内!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました